電話占いで当たると評判の人気有名占い師の口コミ情報!

第3回 むつ先生「電話占い梓弓所属」

第3回 むつ先生「電話占い梓弓所属」

2012年03月09日

今回の突撃インタビューは積雪3メートルを超える1月の青森下北半島にある電話相談所「梓弓」の占い師陸奥先生です。
数十年の歴史をもつこの電話相談所は未だホームページもなく、口伝で広まる青森イタコの老舗電話相談所です。お話をうかがったところ、イタコに関する様々な誤解があることが分かりました。また先生のプライベートな一面も分かり、興味深いインタビューになりました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

占い師突撃インタビュー

チヒロ:今日は雪の降る中インタビューに応じてくださいましてありがとうございました。(インタビュー日は1月22日)。早速ですが、先生が「梓弓」に在籍されて長いとお伺いしました。先生の経歴を簡単にお答えください。

むつ先生:私が「青森イタコの電話相談梓弓」で一期一会の相談を始めて早15年が経ちます。青森のうそりは存じ上げていましたので、導かれるように「梓ゆい」の門を叩き、それ以来十余年梓弓で鑑定活動を行っております。主な占術はお客様の守護されているお方と交信し、その方が伝える相談者さまの現状、問題、苦悩、願望、未来などを読み取っていき、相談者様が今一番必要としていることをお伝えするものでございます。経歴はとくにご説明するまでも無く、同じ事を10数年繰り返してきたということだけです。

チヒロ:「青森電話相談梓弓」は青森イタコの電話相談と考えて良いのでしょうか?先生はイタコと呼ばれているのでしょうか?

むつ先生:相談されてくる方の中には、私を「イタコのむつ」とお呼びになる方もいらっしゃいます。実際にそう呼ばれてきた経緯もございます。お客様の中には、ただ単に「むつ」と及びになる方もいらっしゃいます。どんな呼び方でも私は構いませんが私は自分の事を「イタコ」と呼ばれることに若干の戸惑いもあります。なぜならイタコとは青森県内で呼ばれる特別な能力を持つ方々の総称であり私はイタコである前にむつという名前があります。 しかも、本来のイタコとは口寄せなどの亡くなった方をお言葉をお伝えすることを主に行ってまいりましたが、現在私が電話相談を伺うのは、相談者さまの仕事の相談から家庭問題、そして恋愛成就相談など内容は多岐にわたります。ですので私をお呼びになるときは「梓弓のむつ」で結構だと思います。

チヒロ:先生が一番最初に自分の能力に気がついたときはいつですか?どうして占い師になろうと思ったのですか?

むつ先生:今から思えば不思議な体験は幼少時からずっと体験してきました。例えば親戚が集まる正月で他の人には見えない人がいるといって家族に怒られたり、お墓参りにいって不思議な事を言って父に怒られたりと普段からよく自分のいうことで周りに心配をかけたり不思議がられたりしていました。小さいときは見えるものが誰にでも見えると思っていましたので、自分が他の人とは違うって確信したのはそれから随分経った大学生の頃かと思います。そう確信していらい、思春期ともあって自分の特別な力を業と消すように努力してきました。周りと違う自分も嫌でしたし、みんなの一緒でいたかったので。しかし。40代半ばで経験した有る方の死を境に自分の持つ特別な力が人様に役にたれるかもしれないと感じ、それいらい鑑定活動を始めました。ですので、自分を占い師とは思っていません。霊能者とも思っておりません。ただ、私との会話の中で少しでも今抱えている悩みや不安がなくなり、明るい気持ちで明日を迎えることができれば私はそれでよいと思っております。

チヒロ:話が戻りますが、先生は相談される方を守護されている方と交信して鑑定を行うとありましたが、どんな方でも守護れているのですか?守護されていない人はいますか?

むつ先生:どんな方にも守護されている方がいると信じています。どんな方にも先祖様がいるように守護されていると私は思っております。

チヒロ:先生の得意な相談内容は何ですか?逆に不得意な相談内容はありますか?

むつ先生:特に得意な相談内容や不得意な分野はございません。私は恋愛相談から仕事の相談、家庭問題まで多くの相談を日々鑑定してきております。相談にこられる方の多くは、不安や悩みに支配され負の連鎖によって苦しんでいる方が多いと感じます。まずは、悩みや不安の元凶となる原因を解決し相談者様に気持ちよく明日を迎えていただくために鑑定を行います。相談内容によってはお答えできかねる相談内容もありますが其の都度、お答えできかねる相談内容に関してはその理由をお伝えしてお断りいたしております。

チヒロ:鑑定を行っていない時間は主になにをされていますか?先生の趣味は何ですか?

むつ先生:そうですね。。恐らく皆様と何も変わりもない生活をしていると思います。既に子供は成人を迎えましたので育児からは手が離れていますので、家を片付けたり、観葉植物に水を与えたりしています。いたって普通だと思います。最近の趣味はお茶にこっております。緑茶や紅茶、様々はハーブティーなど暇さえあればお茶を入れて飲んでおります。あとは読書でしょうか。

チヒロ:最後になりますが、私をみていただけますでしょうか??先生とお話をする中で是非先生に私の今後(仕事面と恋愛面)はどうなっていくでしょうか?あまり時間がないと思いますので短くて結構ですが。

むつ先生:(おどろいた様子で)。分かりました。突然の依頼なのでビックリしましたが私がこのインタビュー中にずっと気になっていたことを端的にお伝えします。インタビューが終わってからお伝えしようと思ったのですが最近、大きな別れを経験されたと思います。そんな時期だからこそ守護鑑定を行う私に興味があったのだと思います。
まず、人には必ず出会いがあります。そして別れもあります。タイミングの良い別ればかりではありません。悪いタイミングでの別れなど様々です。その別れが貴方にとってどちらにせよ、今回貴方はその別れを通じてあなたはまた一つ大人になろうとしています。今、思う人との事は私もとても良いタイミングだと思います。
守護されている方も、そうだと仰っております。だから不安がらないで一緒になればいいいと思います。恋愛面では以上です。
しっかりあなたならやっていけます。しっかりした彼だと思います。
仕事面でも問題は2つあります。まず、基本的にあなたは人を雇用する立場に立って始めてあなたの才能を開花させます。言いにくいですが、今の仕事はそれまでの通過点です。体に気をつけて今は頑張ってください。最後の問題は彼と仕事の関係です。後々、あなたが自分で何かを始めた時に男性は貴方が彼を大事にしていないと感じるかもしれません。それほど、仕事に没頭してしまう可能性もあると思います。その時があなたにとって、大きな決断をする時期かもしれません。今は大丈夫、自分を信じて健康面に気をつけながら頑張ってください。

チヒロ:先生ありがとうございました。正直驚きました。両親が仕事で忙しかったこともあり祖母に育てられ今の自分があると思っています。。そうですか、すいません。本当に今日は私の個人的な相談をしてしまいまして。先生、今度は是非もっとゆっくり見ていただきたいと思います。本日はありがとうございました。

占い師突撃インタビューの一覧に戻る